2009年10月26日

娘の一言

私には4歳の娘がいます。

親父と会ったのが死亡する3・4ヶ月前くらい。
その時は、田植え時期だったので
トラクターに一緒に乗って楽しそうにしていました。

私もあまり実家に娘を連れて行かなかったので
親父にも母にも人見知りな感じで
あまりなつかなかった印象はあります。
それでも娘に「じぃじ・ばぁば」と言われていました。

娘が親父を見るのは最後だと思い
嫁さんに娘を連れてきてもらいました。

私は
「じぃじに、もう会えないから
バイバイしてあげて。」
と親父の前に娘を連れてきて
ひざの上にのせて、そう話しました。
でも娘は一言も言いませんでした。

「バイバイしてあげて」と何回言っても
そう言ってくれませんでした。

何かを感じ取ったのか
突然泣き始め、顔も真っ青になって
これはいけないと、その場から離れました。

一応、親父が死んでから初めて嫁さんが
来た時だったので、うちの母と色々と話していました。

それで、その日は天気が良かったのですが
嫁さん達が私の実家に来る途中
車の中で娘が空を見上げ

「あの雲の船にのって、じぃじ行っちゃったのかなぁ…」

と突然話し始めたそうなんです。
嫁さんも空を見上げると
本当に船の形をした雲があったそうで
それを聞いた嫁さんは泣いたそうです。

当然、私も泣きました…

小さな子供って思い付きみたいに話をします。
「人が死ぬ」と言うのは
4歳くらいではさっぱり分からないと思うのですが
この場合、やはり何かを感じ取ったのだと思います。

浄土真宗では南無阿弥陀仏の西方極楽浄土に
行くそうです(義父に言われました)。

大変な事をしでかした親父ですが
このように孫に言われて
もしかしたら極楽浄土に導かれたかもしれません。

救われたな、親父。


posted by 運気うなぎ下がり at 17:47| Comment(0) | 葬儀まで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
アクセスカウンター
Today:

Yesterday:


出会い包茎手術無料 出会い無料 出会いショッピング枠

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。