2009年10月19日

自殺する3ヶ月前

親父からの突然の電話。

「3時までに20万貸してくれないか?」

あまりにも急な話です。
この電話を受けたのは、お昼の12時です。

親父もかなり切羽詰っていて
「午後3時まで何としても取引先に70万支払わないと
不渡りを起こしてしまう…
今で何とか50万回収したけど
どうしてもあと20万足りない。
だから貸してくれ」と。

あまりにも急な話だったため
私としては無理だと思いました。
最悪、親父には悪いけど
会社が終わっても良いのではないか
と思いましたね、この時は。

とりあえず、私のポケットマネーからは無理です。
また会社の別の先輩・同僚から
お金を借りようと思いましたが
それも無理でした。

……

八方ふさがりです…

………

もう既にその時は午後2時近く。
時間もありませんでした。

…………

悩んだ挙句、私の嫁さんに話をすることにしました。
今まで黙っていたんですが
仕方がない状況でしたので…

「はぁ?!何でお金を貸してやらなきゃならないの?!」
って、凄い剣幕で話されたのは言うまでもありません。
なにせ私の親を良く思っていないのですから。

嫁さんを何とか説得して
嫁さんが親父の口座に振り込むことになりました。

約1時間後。

嫁さんから私に電話がありました。

「もう信じられない!二度とこんな事したくない!」

って激怒しながら話をされました。

と言うのも
振込みのやり取りを嫁さんが
直接親父とすることにしたのですが
親父の携帯番号が分からないので一度実家に
電話をしたそうなんです。
そこで私の母親が出ました。

嫁さんからすれば
親父が大変な目にあっている事だから
私の母がどれだけ心配して辛い気持ちに
なっているのだろう…と思って
電話したそうなんです。

それが電話してみるとケロッとして
「私、分からないのよね。お父さんに聞かないと。」
みたいな感じで言われたそうなんです。
しかも、嫁さんがお金を出すって事で話をしたら
「悪いね」って、当たり前のように
言われたみたいなんです。
親父にも結局電話したのですが
同じような態度をとられたみたいで…

我が親ながら呆れました。

私の親は嫁さんに、
私からお金を借りている事を
話していないを分かっているはずです。

だから嫁さんからすれば初めての話なんです。

それを当たり前のような態度をとり
しかも「悪いね」ってなんだ!

普通この場合「ありがとう!」だろうよ。

いくら切羽詰まっていようが
人を馬鹿にしたような態度じゃありませんか?

私も嫁さんからの電話を切った後
母に電話しました。
「人を馬鹿にするのもいい加減にしろよ」と。
母もそんなつもりで言った訳ではないと
言い訳をしていましたが…

時すでに遅しです。

その後、母から嫁さんに謝罪と感謝の電話をさせましたが
嫁さんの憤りが治まるわけもなく
二度と私の親に会いたくないと言われました。

そりゃそうでしょ。
私の親が止めを刺したんですから。

当然、この貸した20万は返って来ていません。


過払い金を取り戻すには?

過払い金はこうやって取り戻す!過払い金返還情報はコチラで





posted by 運気うなぎ下がり at 15:16| Comment(0) | 自殺前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
アクセスカウンター
Today:

Yesterday:


出会い包茎手術無料 出会い無料 出会いショッピング枠
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。