2009年10月07日

二日目

親父が死んでから二日目。

朝から葬儀屋が来て、
これからのスケジュールを決めに来た。





そこで、前日に親戚で集まって話をした
借金のこともあり、
前もって、なるべくお金をかけないように
すませようという話にはなっていた。

…そりゃそうだ。

葬儀会場は借りることにして
(盆といえば夏。とてもじゃないけど
家で人を集めて葬儀とも言ってられないくらい
暑いので、空調のきいた所でやった方が
良いだろうという判断で。
どれだけ人が集まるかどうか分からないけど。)

その他、祭壇・棺桶などは金額最低のもの。
後は自分たちで用意出来るものは
知り合いを通じて、出来る限り安く済ませる
という様にした。

親父には悪いけど、
派手ではない葬儀になりそうだ。

それでも総額150万強。

それにしても、葬式ってお金が掛かるんですね。

んー…払えるのか?!

すでにマイナスなのに…
posted by 運気うなぎ下がり at 00:31| Comment(0) | 葬儀まで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

遺書

親父の死亡原因は「自殺」。
実家から車で20分ほど離れた山の中で見つかった。
死亡から約3時間ほどで見つかったらしい。

今考えると、見つけた人はどれだけビックリしたんだろう。

遺体の近くの車の中に遺書が残されていたらしい。

それを母から「父さんの最後の手紙だ。」と言われて渡された。

遺書の中に紙6枚ほどあった。
手書きであったが、私の親父は結構達筆である。
最初の方は、しっかりと書かれていたけど
枚数を重ねるごとに字が乱れていっていた。

字体を見る限り追い詰められている感じはした。

内容は、
・個人からの借金がある。
・持っている土地を売買すれば、借金を返せる。
・祖父、祖母、母に対する感謝と謝罪。
・弟の将来。
等々…

私に対しての言葉は、
自分の家族を幸せにしろ…みたいな感じに書かれていた。

そして、最後…
読めるか読めないかの字で

……

「疲れた、疲れた、本当に疲れた。」



「そりゃ疲れただろうよ。」
と、その時は思いましたよ。

この後、私達が本当に疲れる思いをすることも知らず。
posted by 運気うなぎ下がり at 20:37| Comment(0) | 葬儀まで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月03日

喪主?!

馬鹿みたいに泣いている私に
親戚の一人が「葬儀屋が呼んでるから来て」って言われました。

呼ばれた部屋に着くと、そこには葬儀屋と坊さん。
これからの葬儀の段取りを話すそうな…

お通夜、葬儀、お骨あげ、初七日などのスケジュール。

この時の事は、はっきり言ってあまり憶えてない。
思いっきり泣いていたので。

ただ、私が長男な為に喪主って事になった。


「喪主?!」


私が?そりゃそうかっても思ったけど、
「いきなりかよっ」てな感じでしたよ。

まあ、この時は叔父もいたので
葬儀屋からの話を色々と聞いてもらっていました。
細かいことは、明日ちゃんと担当者が来て
打合せすることになった。

最後に坊さんから
「あなたも若いから、お父さんがこんな事になって
大変だろうけど、叔父さん達もいるから
色々と助けてもらいながら
お父さんを送ってあげなさい。」
と言われました。
私、この時は涙をこらえながら話を聞いていましたけど
この言われた事は、頭に残っています。
posted by 運気うなぎ下がり at 19:29| Comment(0) | 葬儀まで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
アクセスカウンター
Today:

Yesterday:


出会い包茎手術無料 出会い無料 出会いショッピング枠

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。