2009年10月24日

両親について

私の親父は
自営業をやる前は会社員として働いていました。
親父が25歳の時に独立したそうです。
仕事一筋な感じで、朝早くから出掛けていって
夜遅くまで働いていました。

とにかく酒・タバコが大好きで夕飯では晩酌を必ずやり
友人や知人の飲み会などには必ず足を運んでいました。

また野球も好きで
休みの日や仕事の合間をぬって
キャッチボールをしたこともあります。
60歳近くまで野球の大会にまで出ていました。

性格的には一言で言えばオレオレで
俺に任せとけってな感じでした。
それに話好きで、話の中心にいなくてはいけない
性格でもありました。
客商売ですので、お客からすれば
良い人・明るい人の印象があったに違いありません。

また私の母は
親父が会社員だった時に一緒に働いていて
…まぁ職場結婚ですね。
親父が独立した時に一緒についてきて
主に親父の会社の事務的な仕事を手伝っていました。

性格は親父の言う事には、あまり反発せず
親父と一緒で話好きな感じです。


夫婦としては仲が良かったと思います。
なにせ私は親父と母が喧嘩をしている事を見たことがありません。

互いに話好きなので、とにかく会話が途切れません。

明るく会話があって良い家庭に見えますが
私は早く家から出たい一身でした。
何故か居心地が悪いのです。
なんとも言えないんですが
今思うと、その両親の会話に入っていけなかった部分もあり
勝手に話を進めて、
こちらに話を振っても
「ああでしょ。」「こうでしょ。」みたいに
あまり意見を聞かない感じだったからでしょうか。
周りもそう見えていたらしく
私も弟も「おとなしい」という印象を受けていたそうです。
(ちなみに私は自分をおとなしいと思っていませんw)

私は大学入学をきっかけに一人暮らしを始め
それ以降実家に戻りませんでした。
更に言うと私が長男であるにもかかわらず
家を建て実家に決して戻らない事を示しました。

こんな感じなので私と両親とはあまり連絡を取り合わず
最終的には希薄な関係になってしまったような気がします。

親父が自殺してから母一人になりましたけど
未だに関係は変わっていません。




posted by 運気うなぎ下がり at 18:23| Comment(0) | 家族について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

自殺する2週間前

会社の経営状況を把握するために
「貸借対照表」というのが良いと聞きました。

貸借対照表というのは
資産と負債に分けており
要は現在の収入と支出で
会社の財政状況が
一目瞭然となるわけです。
所得税を納める時に必ず提出されてるはず
とも聞きました。

早速、親父にこの事を電話で聞いてみた。
「うちでは作っていない。
全て商工会でやってくれているはず。
聞いて、それ(貸借対照表)を取ってみる。」
と話してくれたので
これで会社の状況が分かると思いました。

ところが…
なかなか貸借対照表を持ってきた
という連絡が入りません。

そこでもう一度電話をしてみました。
(親父が自殺する2週間前です。)

親父はどうやら酒を飲んでいるみたいでした。
話をすると
「頼んでるんだけど、まだ出てこない。
もう一度頼んでみる。」
との事。



こっちがどうにかして会社の状況が良くなるように
あーだこーだ色々な人に聞いたり調べたりしているのに
やる気あるのか?!ってな感じに受け取れました。

親父と話をしていくと
「タバコも大分減ったし、楽しみと言えば酒くらいしかない。
母さんにも苦労かけてなぁ………」
と最近の事をかなり弱気な感じで話していました。
仕舞いの果てには
「あと死ぬしかないかなぁ…」
ってな事を話し始めたのです。

またかぁ…と思い
「そんな事言わず、まず母さんと良く話して
助け合っていけよ。こっちも皆色々と会社が
良くなる様にどうしたら良いか話してるんだから…」
と釘を刺しました。

「分かった…ありがとうな。
だけど何かあったら母さんとかよろしくな。」

……分かってないじゃん…

ここまでくると、さすがに腹が立ってきて
「自殺すなんて無責任なことするなよ!」
と更に釘を刺してやりました。

親父は
「悪かった。がんばるから。」
と返してきました。

とりあえず、この後電話を切りましたが
私は親父と話したのが、これで最後でした。



posted by 運気うなぎ下がり at 21:03| Comment(0) | 自殺前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

自殺する1ヶ月前

20万を貸した後、
当然嫁さんの義父・義母にも話が伝わり
話が大ごとになりました。

実家の事に対して色々と質問されました。

どれだけ借金があるのか?
どこに借金しているのか?
手形はないか?
…等々。

それに対して私が答える羽目に。
これまでの経緯から話しました。
もちろん私が以前から親父に
金を貸していることは伏せて。

明確な金額も私は把握していなかったため
義父さんから「一度ご家族で話し合ったほうが良い」
と言われた為、後日実家に話し合いに行きました。

大学在学中である弟を含め
今までのこと、これからの事を話し合いました。

ここで借金の事を話したりしましたが
実家では自営業をやっている傍ら
農業(稲作)もやっています。
つまりは兼業農家ですね。

このまま自営業も百姓もやっていくには
難しいだろうから百姓を止めようかと思っている
と話されました。

田んぼを止める位なら
会社を止めた方が良いのではと思うのですが
この時の親父が言うには会社の年間売上が
3000万あるから百姓をやっていく位なら
このまま会社を続けていきたいとの事。

(後々で分かることですが
この3000万と言うのは嘘で
虚偽計上をした上で銀行等々から
お金を借りていたんですよね。
自ら首を絞めていたんですよ。)

それで、この場では親父の話を信じるしかなく
いずれ会社の状況は厳しいのは明白でした。

それから弟の事ですが
実は2浪して地元の大学に入っています。
この浪人中も他県の予備校に行っていました。
これも親父達に負担を掛けていたのです。

でも家の状態を考えるのであれば
別に他県の予備校に行かずとも
地元の予備校もあるわけですから
そちらに行かすべきでした。

その事も弟に分からせ
これからも留年するような事が無い様にするのは当然だし
奨学金を使って大学を過ごせる様に
学生課などに行って調べるように話しました。

これらの事を義父さんに話しましたが
あくまでも話で終わっているので
会社の状態がどの様なものか具体的な数字を出して
どこに落ち度等があるか分からせる為にも
これからどうすべきか私が親父と
もっと話し合うべきと助言されました。

確かにそうなんですよね。
親父が分かっている範囲での話しかされていない訳で
数字が目に見えていない訳です。



posted by 運気うなぎ下がり at 11:13| Comment(0) | 自殺前 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
アクセスカウンター
Today:

Yesterday:


出会い包茎手術無料 出会い無料 出会いショッピング枠

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。